千葉県野田市で、自然素材の省エネ注文住宅の地鎮祭を行いました。

昨日、千葉県野田市でこれから着工する、自然素材とダブル外断熱の省エネ注文住宅に先駆けて、建て主様と地鎮祭を執り行いました。

曇り空の寒い中の地鎮祭でしたが、お客様側からは、お施主様家族と、御両親が参列いただき、当社からは、設計者の私と、現場管理担当の佐藤で参列させていただきました。

これから、マイホームをたたえられる方のために、地鎮祭の流れを紹介します。

修祓(しゅばつ)開式の後、祭典の本儀に先立ち、参列者・お供え物を祓い清める儀式。
     ⇓
降神の儀(こうしん)祭壇に立てた神籬に、その土地の神・地域の氏神を迎える儀式。
     ⇓   
献饌(けんせん)神に祭壇のお供え物を食していただく儀式。酒と水の蓋を取る。
     ⇓
祝詞奏上(のりとそうじょう )その土地に建物を建てることを神に告げ、以後の工事の安全を祈る旨の祝詞を奏上する。
     ⇓
四方祓(しほうはらい) 土地の四隅をお祓いをし、清める。切麻(きりぬさ)・散米(さんまい)とも言う。
     ⇓
鍬入れの儀(じちんのぎ) 砂で造った山に、鎌、鍬、鋤をいれ、草刈りや根切り、整地を行う。
     ⇓
拝礼(たまぐしはいれい) 神前に玉串を奉り拝礼する。
     ⇓
撤饌(てっせん) 酒と水の蓋を閉じ、お供え物を下げる。
     ⇓
昇神の儀(しょうしん) 神籬に降りていた神をもとの御座所に送る儀式。
     ⇓
神酒拝戴(おみきはいたい)土器(かわらけ)の杯にお神酒を注ぎ、神職の合図で乾杯を行う。

上記の流れで、おおよそ30分程度の時間がかかります。
祭事にかかる金額としては、当社でいつも依頼している、茨城県利根町にある 蛟蝄神社でお願いをする場合は、供物、竹、砂、縄等一式神社で用意して頂いて、初穂料(祭事費)が、3万円、お車代5千円の合計3万5千円程になります。
この金額には、基礎の下に埋める沈物と、棟札も含まれるので、とても良心的な神社さんです。

地鎮祭を行うかについては、あくまでもお施主様の気持ち次第ですので、気になさらない方は、なしでもいいかと思います。
ちなみに、当社の自然素材の省エネ注文住宅をお建てになるお客様では、約半数の方が地鎮祭を行っています。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

株式会社ソーケンアービック
住所 〒270-1119 千葉県我孫子市南新木3-2-4
TEL
 04-7187-0802 
FAX
 04-7188-4341
MAIL
 info@earthty.com 

オフィシャルHP http://www.sohken-arbikke.com
住宅デザイン研究所テクニカルHP(素材と構造)    www.earthty.com
住宅デザイン研究所テクニカルHP(省エネと健康) www.juukan.com

営業時間 住まいの情報『わかる館』  9001700 
                
体感型宿泊展示場『アースティー・ラボ』 9001700 
定休日    毎週水曜日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★