健康な住まいの研究開発とコストパフォーマンス

住み手の事を第一にに考え、現状に満足する事をせず、日々新しい研究開発に取り組んでいます。
千葉県我孫子市のソーケンアービックでは、「人と環境にやさしいすまい」をコンセプトに、住み手の事を最大限に考えた、家づくりを行っています。

千葉、茨城を中心に、出来るだけ多くの方に自然エネルギーと自然素材を取入れた、W外断熱の高性能住宅を提供していきたいと考えています。
流通や仕入れの見直しはもとより、現場の管理体制、施工手法や手順、発注業務や事務手続きに至るまで、研究見直しを繰り返して、他社に負けないコストパフオーマンスを実現しました。