注文住宅でヴィンテージな家を建築する事の価値

◆これからの建物の資産価値

これまでの日本の一戸建ての住宅の寿命というのは、一般的に30年ほどと言われています。よって資産価値は20年経ってしまうとほぼ0に等しくなってしまっていました。

建物の価値というのは、現在もその程度なのでしょうか?
建築技術や建築資材など、様々な技術革新は進んでいるのですから、建物の価値や寿命に関しても変化していなければいけないでしょう。

アメリカなどの場合、住宅の寿命は70年以上が当たり前で、当たり前のように取引が行われています。
イギリスなどでは、築100年の住宅が、新築と同じような価格で取引されています。

住宅の構造や住宅に関する考え方、様々な文化や環境などが異なりますので、同じような評価は難しいですが、あまりにも住宅を取り巻く評価や状況が違いすぎます。
アメリカやイギリスのような住宅の構造や維持方法が、日本で不可能なはずはありません。
日本も住宅などの評価を見直し、世界基準に近づいていく事が期待されます。

現に政府もこの住宅に関する課題を認識しており、さらなる良質な住宅の供給など改革を始めています。

断熱性能に優れ、結露やカビ、ダニの発生の少なく、長持ちする住まいが今後日本の住宅の資産価値を、大きく変えていく可能性があります。


◆千葉にヴィンテージな家を建てよう

日本の住宅の資産価値などを見直されるとすると、今後はヴィンテージな住宅を建設することが必要になります。
これまでのような、「自分の代だけ住めればいい」という考え方はやめて、子どもや孫へと引き継いでいける住宅や、将来に備えて資産価値を保てる住宅を建てることが今後、重要になってくると思われます。

そういった家を建てるのは、注文住宅で建築することが良いでしょう。
耐震性や快適性など、住宅の基本性能を満たしていることを前提に、最も重要なのはメンテナンスしやすい住宅にすることです。

現在はライフスタイルの多様化などもあり、求められる住宅というのも様々です。
そういったものを満たすためには、画一的に建築された建売住宅などではなく、住まい手の生活スタイルに合わせる事の出来る、注文住宅が良いのではないでしょうか。


◆ヴィンテージな注文住宅は計画的に

ヴィンテージな住宅は計画性が何よりも大切になります。

長い間住み続けられるという事も大切なのですが、子供の成長や、子供や孫の世代が住み続けていくうちに、住みづらくなってしまう様では意味がありません。

間取りについては、介護が必要になった場合のスペースの確保や、大きな部屋を2つに仕切ったり、あるいは、一つにしたりなどの、可変性の有る構造を含めたきちんとした設計が、計画の段階から必要となってきます。

住宅設備などは、その進化がすさまじく、新商品などがどんどん登場します。
そういった住宅設備の部分などは、リノベーションしやすいような工夫が必要でしょう。
そうする事で、長く住み続けられる住宅でありながら、最新の設備などを取り入れていくことが出来ます。

千葉に注文住宅を建てるのであれば、新築時からそういったしっかりした計画が必要です。