千葉に注文住宅を建てたいあなたに!!コストダウンテクニックのご紹介

◆ 床面積を減らし、部分2階建てではなく総2階建

基本的に住宅が小さければ小さいほど低コストになります。

良くある失敗が、注文住宅の図面が出来上がってから、予算を計算し床面積を減らすのですが、設計者と構造を含めてよく話をしないと、構造的にバランスが悪くなってしまいます。

そうなってしまうと、図面を大幅に修正する必要があるので、可能であれば、図面作成前の計画段階から、希望や予算について良く検討しましょう。

そして、2階建ての注文住宅を建てるのであれば、部分2階建てではなく、なるべく総2階建てにしましょう。
部分2階建ての場合、総2階建てと比べて基礎工事やコーナー処理が増加し、材料費や工事費手間賃が高くなるので、コスト面でも総2階建てをおすすめします。

 
◆ 形はシンプルにし、屋根は勾配を緩く

注文住宅の形はシンプルであればあるほど、コストは低く抑える事が出来ます。
そしてシンプルであるほうが、構造的にも頑強であると言われております。

注文住宅でコストを抑えたい場合は、なるべくシンプルな箱型にしましょう。

屋根の形に関しても、単純で勾配も緩やかな方が、コストが安くなります。
屋根のデザインは、切り妻、寄せ棟、片流れなどがあり、片流れや切り妻屋根は単純な構造でコストが低く抑える事が出来ます。

勾配に関しても、急こう配の場合、施工面積が増えて使用する材料が多くなり、屋根足場が必要になることもあり、結果コスト高になります。

千葉に注文住宅を建てる場合、こういった住宅の形なども工夫すると良いでしょう。

 
◆ 部屋数は少ない方がローコストで便利

昔の住宅はある程度の部屋の数を設けるものが多かったのですが、現在人気なのが、家族の気配が感じられ、部屋数はそれほど多くなく、1部屋1部屋を大きめにとる事です。

部屋数が多いより、コスト的にも安くなりますし、広い部屋の方が、必要な場合はカーテンや家具などで仕切るなど、様々な使い方が可能です。

狭い部屋はどんな工夫を凝らしたとしても、広くすることは大工事となりますが、広い部屋はカーテンや家具などで仕切ることで、一時的に小さな部屋を作り出すことが出来ます。

 上記の様な工夫を凝らすことで、同じ大きさの住まいでも、コストダウンが可能です。

千葉に注文住宅を建てるのであれば、上記の点をポイントに、理想の注文住宅を手に入れましょう。

この他にも様々なコストダウンテクニックもありますので、必要であればコスト面など含め専門家などに相談し、計画的に住宅造りを行いましょう。