注文住宅に自然素材を使用するメリット・デメリット

◆ 注文住宅で人気の自然素材

注文住宅を建てるのであれば、素材にまでこだわりたいという声は多く聞きます。
中でも自然素材は、温かみのある風合いで身体にも優しいという事で、幅広い世代から人気を集めています。

これから紹介する自然素材のメリットを参考に、千葉に注文住宅を建てる参考になさってください。


◆ 自然素材を使用するメリット

自然素材を使用する際の最大のメリットは、その心地よさにあります。

木の表面というのは熱伝導性が低く、体感温度では冬でも他の素材より暖かく感じるという特性があります。
無垢材を使用したフローリングなどは、肌触りが心地よく、とても快適に過ごすことが出来ます。

また木には湿度を調節する性質があるので、裸足で歩いても気持ちがいいです。
そして、時間の経過と共に味わいが増していき、素材の持つ素朴な風合いが増していく事で、我が家への愛着がわきます。

また、壁の仕上げ材として人気の漆喰や珪藻土などの左官壁は、肌触りや風合いが良く、高い調湿機能や消臭作用も有しています。

無垢の木と同じように、湿度が高いときなどは、空気中の湿気を吸収し、湿度が低くなると蓄えていた湿気を放出し、適度に調湿するので窓ガラスの結露を抑え、カビやダニの発生も抑える効果が期待できます。

小さなお子さんの中には、様々なアレルギーや喘息、アトピーなどで苦しんでいる方も多くいると言われています。そういったお子さんにも、自然素材を使用した住まいの方が良いとされています。

こうした自然素材には様々なメリットがありますので、千葉に注文住宅を建てる場合は、こういった自然素材のメリットにも注目し住宅造りをしましょう。

 

◆ 自然素材を使用するデメリット

自然素材を使用する場合、メリットもありますが残念ながらデメリットも存在します。しかし、デメリットをその素材の持つ特性や味わいととらえ、理解した上で上手に付き合っていくことをおすすめします。

① 自然素材なので、素材の形状や色合いなどばらつきがある。

自然素材なので仕方ないのですが、これはその素材特有の味わいととらえれば、愛着に変化していくでしょう。
調湿作用により、収縮や干割れが起きる事もあります。
無垢の木の場合は時間経過と共に、色合いが変化します。これも取りようによればメリットにもデメリットにもなる部分です。

② コスト面で工業製品と比べて一般的に割高である。
工業製品などは、大量生産などでコストが安くなっております。
それに対して自然素材は比較的コストが高くなってしまがちですが、自然素材を標準仕様として多く使っている工務店などは、だいぶコストを抑える事が出来てきているようです。

しかし画一的な工業製品にはない素材の良さが自然素材にはあります。

上記のようなデメリットは仕方のない部分で、多くのメリットを考えれば小さいものという印象です。

千葉に注文住宅を建てるのであれば、こういった自然素材のメリット・デメリットにも注目し、良く理解をしたうえで、自然素材を採用する事が大切です。