千葉や茨城の建売住宅と注文住宅の違いとは?価格差やそれぞれの特徴

◆ 建売住宅とは?

建売住宅とは、土地と住宅をセットにして販売する新築分譲住宅のことを言います。
一般的には、まとまった大規模な土地をいくつかの区画に分けて、その分けた区画それぞれに同じ仕様の住宅を建てて販売します。

住宅が完成してから販売する場合もありますし、完成する前の設計プランは決まっているが建築中の段階であったとしても販売する場合もあるようです。

こういった建売住宅は画一的で面白みがないと感じる方もいらっしゃると思いますが、不動産会社が大規模に開発する建売住宅の場合、住宅の外観などが統一される事で、道路計画や植栽を含め美しい街並みが形成されるので、街並み全体として考えた場合、画一的であることもメリットになります。


◆ 建売住宅のメリット

建売住宅のメリットは、住宅の間取りや設備・仕様もあらかじめ決まっているため、仕上がりイメージも私たち一般人にも分かりやすく、コスト面でも有利です。
全く同じ仕様の住宅を注文住宅で建てた場合より、安価で建てる事が可能です。

建売住宅の場合、土地と住宅を一括購入するので、1工程で短期間にマイホームを取得できるため、時間や手間が掛からないというメリットもあります。

上記でもご紹介しましたが、不動産会社が大規模に開発する建売住宅の場合、住宅の外観などが統一される事で、道路計画や植栽を含め美しい街並みが形成されるというメリットもあります。


◆ 建売住宅のデメリット

建売住宅のデメリットは、仕様などが決まっており基本的に完成しているものを購入するため、自由度はありません。その為、それぞれの生活スタイルや趣味の物の置き場所などを、住まい手が建物に合わせなければなりません。

ただ、ある程度建売住宅の多くは、消費者ニーズを分析して建てられているので、万人受けする使用であるとも言えますが、個性的で特徴的な住宅は期待できません。


◆ 注文住宅の魅力

注文住宅には、建売住宅に無いメリットがあります。

それそれの家族の生活スタイルに合った設計が可能で、家族構成や趣味に合わせたプランニングやスペースの取り方、そして、室内環境に大きく影響する、建物の屋根や壁の断熱性能や、光熱費に直結する一次消費エネルギー量なども、設計士と相談して決める事も可能です。

コスト面では建てうり住宅に比べて割高で、どういった住宅にするのか手間暇はどうしても掛かってしまいますが、その分、自由度が高く法律の規制内などの条件をクリアさえしていれば、間取りや工法、設備、内装・外装などを自由に選ぶことが出来ます。

せっかく多くの予算を割くのですから、理想的な住宅を建てたいですよね。
その点では、注文住宅に軍配が上がります。

長い期間、健康で快適に住み続け、子供孫と引き継いでいく事を考えるのであれば、注文住宅にする方が良いのではないでしょうか。

総合的に判断すると、千葉や茨城に住宅を建てるのであれば、注文住宅がおすすめです。