ゼロエネルギーハウスとは?ZEHビルダーに相談しましょう

省エネの高性能住宅、ゼロエネルギーハウスが注目されていますね。
国策としても、原子力や化石燃料に頼らないエネルギー政策がすすめられ、2030年をメドにゼロエネルギーハウスの普及を目指した事業が展開しています。
税制や補助金の優遇も期待出来るゼロエネルギーハウスについてお話ししましょう。

■ゼロエネルギーハウスの条件とは?

ゼロエネルギー住宅は、消費エネルギーを作り出すエネルギーでまかなう・・・つまり、エネルギーの収支がゼロという住宅です。
「断熱性能の確保」
省エネ法で決められた基準を達成していることが必要です。
北海道から沖縄までを6地域にわけて基準値が定められており、熱損失係数で断熱性能を判定します。
「再生可能エネルギーの利用」
太陽光発電システムなどでエネルギーを創り出すしくみが必要になります。
エネルギーの創出と、消費量の削減の双方でゼロエネルギーハウスを目指します。
「計測装置の設置」
実際に発電量と消費量がどれくらいになっているのかを計測する装置を設置して、ゼロエネルギーの成果をはかります。
現在考えられているゼロエネルギー住宅では、見かけの特徴として、太陽光パネルの設置と、計測値の設置、外断熱工法や開口部の縮小などがあげられます。

■ゼロエネルギーハウスにする事のメリットは?

・補助金を利用出来る可能性が高い。
・高性能住宅はローン金利、税制上で優遇の可能性あり。
・ランニングコストが節約出来る。
・高性能、エネルギー創出機能で、安心して暮らせる。
・省エネながら快適な生活が出来る。
ゼロエネルギー住宅を建てることを考えた時に、一番の障害になるのがコストの高さです。
断熱性能を高めるためにも、太陽光発電システムを導入するのにも従来の住宅よりもコストがかかってしまいます。
ただ、光熱費そのものが節約でき、補助金やローン金利の優遇、住宅ローンの残額によって税金の控除が期待できます。

■ゼロエネルギーハウスを建てるには?

今後建築される住宅を、ゼロエネルギーハウスに転換する政策が進められており、ZEH補助金が、ネット・ゼロエネルギー・ハウス支援事業によって公募されています。
こうした基準に沿った住宅工事を提供出来る業者-ZEHビルダーとして申請済みの業者に、相談しながら進めていくことで、より、補助を受けやすく、満足いく性能のゼロエネルギーハウスを建てることが出来ます。
多くの業者は、2020年までに受注の半数、2030年にはすべてをゼロエネルギーハウスとして建築することを目指しています。
安心、安全な上にエコな住宅が増えて行くことは、社会にとってもプラスなことですし、新築を検討しているなら、ZEHビルダーの業者を選びたいですね。