注文住宅の相場は?住宅の値段はどのように決まるか

一生に一度のマイホーム建築なら、注文住宅が良いなと思う人は多いですね。
こだわりや趣味部屋など、思いをかたちにするなら注文住宅の自由度は大きな魅力です。
ただ、建売住宅やメーカー仕様のひな形のある住宅よりも、費用がかかるところが悩みの種です。
注文住宅の相場はどれくらいか、価格はどのように決まるのかについてお話しましょう。

■注文住宅の相場について

高級路線を目指す注文住宅、ローコストを目指す注文住宅で大きく相場は変わってきます。
案件ごとに希望に添ったオーダーが出せるのが、注文住宅の魅力ですが、それだけに、ローコストにこだわり過ぎると、住宅の性能そのものが低下してしまいます。
現在、ゼロエネルギー住宅の推進が進められている中ですから、長期優良住宅や、ZEH住宅を視野に入れて考えた方が良いでしょう。
そうなると、坪単価で50万円程度の相場だと見ておいた方が良いでしょう。
大手ハウスメーカーでは、70万円~80万円が相場ともいわれています。

■注文住宅の価格の決まり方

「本体工事費用」
仮設工事費用・基礎工事費用・木工事費用・屋根板金工事・外装工事・サッシガラス工事・タイル左官工事・断熱気密工事・木製建具工事・金物工事・電気水道工事・空調工事・防腐防アリ工事・内装仕上げ工事・住宅機器設備工事
長期優良住宅やゼロエネルギー住宅となれば、駆体工事に関わる部分にある程度かける必要が出てくるでしょう。
ただし、住みよい住宅、光熱費のランニングコストがゼロになることを考えると、そうした部分に費用をかけるのは長い目で見てメリットがあります。
また、ハウスメーカーでは、デザイン料が高額になることもあります。
「別途工事費費用」
ガス・水道敷設工事・外構工事・エアコン照明器具・カーテン
地盤が弱い場合には、地盤改良工事
注文住宅かどうかに関わらず、地盤・立地については注意を払いたいポイントです。
土地が安い理由が、上下水道が整備されていない、地盤改良が必要だからといった場合、建物以外の部分に費用がかかってしまいます。

■注文住宅はどれくらいの予算で可能なのか

始めに坪単価でのお話をしましたが、実際には快適に暮らせ、満足いく建物がどれくらいの費用で作れるのかというところです。
36坪から40坪くらいまでが、住宅の平均的な広さだとして1,800万円~2,000万円が良い建物を建てられるギリギリのラインではないでしょうか。
“ソーケンアービック”のように、ホームページ上で実際の数字が入った例を出しているとイメージがわきやすいですね。
実際の契約交渉でも、どこまでの費用が入っているのか確認しながら、予算と希望のバランスを取って相談していきたいですね。