外断熱は高断熱住宅にぴったりな断熱方法

省エネ住宅のポイントは、断熱性能をどれだけ高められるかです。
従来の住宅断熱は、外壁と内壁の間に断熱材を入れたものでしたが、最近は、外断熱とよばれる方法で高断熱を実現した工法が増えてきています。
外断熱の特徴と、高断熱住宅の性能アップに必要なことについてお話しましょう。

■外断熱の工法について

内断熱では構造物の柱の周りに断熱材を入れるのが難しく、断熱能力にムラが出来やすいうえ、湿気がたまるといったデメリットがありました。
外断熱では、駆体の外側と外壁の間に断熱材を施します。
従来の内断熱では、グラスウールを、柱を挟んで外壁と内装の間に敷き詰める入れ方なのに対し、外断熱では、ボード状のポリスチレンフォーム、フェノールフォームや、硬質ウレタンフォームで、柱に関係無く丸ごと包んでしまいます。
このため、外断熱では、ムラなく気密性、断熱性能を高める事ができます。
また、断熱材がしっかり密着する事で、建材を保護して寿命を延ばせるメリットもあります。

■断熱はW使いでさらに効果アップ

ゼロエネルギー住宅が注目されるようになり、ますます住宅の高断熱化が進んでいます。
フェノールフォームを2重で使った上、アルミ(遮熱断熱シート)で覆うという合わせ技で、さらに断熱効果がアップします。
冬は暖房している室内と室外、夏は冷房している室内と室外の温度差が原因で結露が出来ますが、ここまで高断熱になっていると、冬も夏も、結露を防いで、カビや腐食のリスクを下げることが出来ます。
高断熱であれば、住宅の寿命も長いと言えるのです。
高断熱をウリにしているのなら、こうした素材の組み合わせによる断熱方法を使っているかチェックしておきたいところです。

■最高に断熱効果をあげるには屋根・基礎にも着目

壁面が完璧な断熱層で覆っていても、天井の断熱が頼りないものなら、屋根から熱が逃げていき、断熱効果は落ちてしまいます。
外断熱の場合には、屋根の断熱もフェノールフォーム断熱材を2重に入れて断熱性能を上げるレベルが必要なのです。
もちろん、基礎部分にもこうした断熱材を使って、丸ごと家をそとからそっくり包む外断熱が完成します。
外断熱は、内断熱と比べて断熱効果がとても高く、住宅の寿命を延ばす効果も期待出来る工法です。
ゼロエネルギー住宅が注目される中、外断熱で確実に省エネ効果を実現出来る住宅がこれからも増えていく傾向にあります。