外暖熱と内断熱は、何が違うの?

住宅の断熱材の入れ方に、外断熱工法と、内断熱工法がありますが、断熱工法の違いと、メリット、デメリットについて、お話をしましょう。

 

■ 内断熱工法

充填断熱工法とも呼ばれ、その名の通り、土台、柱、梁などの内側に断熱材を入れる工法です。 

以前から行われている工法で、断熱材の種類のより、グラスウール、ロックウール、ポリスチレンホーム、ウレタンホーム、フェノールフォームなど、繊維断熱材、板状断熱材のどちらにも対応できる断熱工法です。

予算に合わせて、各タイプの断熱材を選ぶことが出来るのは、大きなメリットの一つですが、内側に断熱材を充填するため、物理的に、土台、柱、梁のある部分には、断熱材をいれる事が出来ないため、断熱性能の弱い部分を作ってしまします。工事に関しても、現場で大工さんが断熱材をいれる事が多く、断熱の知識や大切さをあまり知らない大工さんが工事をすると、さらに隙間が生じて、断熱欠損を増やしてしまう事になりかねません。 

最近は、ウレタンフォームを吹き付けする工法も出てきましたので、こちらを採用する方が、性能のばらつきを抑えることが出来ます。 

天井部分は、繊維状の物を天井の上に並べるだけの工法がまだまだ多く用いられ、屋根裏が冬でも50℃位になっている建物も多く見られます。

 

■ 外断熱工法

外断熱工法や、外張り暖熱工法と呼ばれ、土台や柱、梁の外側に断熱材を張り付ける工法です。  

 繊維暖熱材は、使用する事が出来ないため、板状の断熱材を使用します。板状の四角い断熱材の為、隙間なく施工する事が容易で、断熱欠損が出にくく、安定した断熱性能が期待できます。ただ、断熱材を通して外壁を支える為、あまり厚みのある物は使うことが出来ません。

 天井部分で断熱をするのではなく、屋根部分で断熱をすることにより、外壁から屋根にかけて、建物を断熱材でスッポリと覆うことが出来ます。また、天井裏が室内に近い環境となり、ロフトや、小屋裏収納などの、有効利用も可能となります。

 

■ W断熱工法

外断熱の厚み問題を解決するため、外断熱と内断熱の両方を採用した工法です。それぞれの断熱の弱い部分をカバーできるため、ほぼ均一に断熱性能を得ることが出来、現在の工法では、一番断熱性能が高い工法と言えます。断熱材が二重に入るため、パネル工法などの現場施工短縮によるコストをおさえる工夫が必要とされます。