注文住宅と建売住宅の違い

千葉県でも多く建てられている、注文住宅と建売住宅の本当の違いはなにか。 

わかっているようで、わからない事も多くありそうですね。        

 

■ 建売住宅とは?

建売住宅とは、出来上がった家を見て、それを購入するタイプの建て物です。土地と建物を一緒に購入するのでローンの申し込みも1回で済み、わずらわしさが少なくて済みます。

また、建物自体を見てから買うので、デザインや仕上げの良し悪しの心配が無く購入することが出来ます。

建物が完成する前に契約するタイプを売り建て住宅と呼びますが、こちらは、仕上げの良し悪しは、出来上がってからわかるので、多少の心配が残ります。 

建売住宅は、出来上がった物を買うため、見えない部分がどうなっているかが、一番の心配ごとですね。

我々プロが見ても、出来上がったものでは、わかる部分は非常に少ない物です。 

建物の寿命に大きく影響する、構造や耐震性能、結露やカビ、ダニの発生などの室内環境に影響する、断熱材やサッシの性能などの知識を増やして、契約前によく確認してから購入する事が大切です。

 

■ 注文住宅とは?

建売住宅が、売り主の住宅会社が設計、デザインをして売るのに対して、注文住宅は、建て主の希望のプランやデザインに合わせて、設計して施工する、請負契約になります。 

構造、断熱の性能、そして使用する材料と、自分で決めることが出来ますが、反面、色ダザイン等悩むことも多くなります。ゼロからの選定は、ほぼ無理ですので、指針になる物を、ある程度設計者に作っていもらってから、自分で詳細を詰めていくのがいいでしょう。  

折角の注文住宅ですから、出来上がるまで、一度も現場を見なかったなんて事が無いように、なるべく現場に足を運んで、自分の目で工事中の我が家を見る事も大事な事です。 

工事中は、危険だからなどと言って、建て主にも工事中の現場を見せたがらない業者もいるようですが、そのような業者は、やめた方がいい感じがします。

 

■ 注文住宅は、高いの?

みなさん、注文住宅が建売住宅より高いと思っている方も多いと思いますが、そんなことはありません。 

建物にかかる費用は、大きく分けて、①材料費 ②人件費 ③諸経費の3つになります。 

①と②の材料費と人件費は、同じ材料を使った同じ大きさの建物であれば、注文住宅も建売住宅も、本来なら、変わらないはずです。  

③の諸経費の中には、設計費や監理費、資材の運搬費などが含まれますが、会社により開きが出ます。 

では、なぜ一般的に建売住宅が安く売られているか。

それは、①の材料費があまりかからないように、比較的に求めやすい物を使用していたり、金額のかかる断熱性能をあまり上げないようにしています。 

②の人件費は、大工さんの手間代をある程度抑えて仕事を、出しているようです。 

本当の住宅の金額を比べるのは、同じ土俵で比べなければなりません。 

平成25年度基準の断熱性能の住宅に比べて、ダブル外断熱の高性能住宅は、建物の金額は、高いかもしれませんが、毎月の光熱費が、半分以下になるため、月々のローン+光熱費がかえって安くなる事もあります。

住宅は、ほとんどの人が一生の内で一番高い買ものとなると思いますので、自分もよく勉強をして、焦らずじっくり考えてから、業者選びや物件選びをするようにしましょう。