自然素材の無垢フローリングの種類と特徴

自然素材が多くもてはやされている中、その種類も多く、どの材料を使うのがいいか、皆様迷う所だと思いますが、今回は、無垢のフローリングについて詳しくお話しいたします。

 

■ 無垢のフローリングの種類について

無垢のフローリングと言っても沢山の種類があります。弊社は、千葉県、茨城県を中心に施工をしていますが、一番多く採用しているのが、レッドパインのフローリングです。 

節が多くある材料ではありますが、カントリー調の内装によく合うフローリングであり、なんといっても、一番コストパホーマンスの優れた材料です。無塗装で貼りあげて、蜜ろうワックスなどの自然素材で出来たワックスで仕上げると、とてもいい感じに仕上がります。

また、塗装品や、現場で気に入った色で仕上げる事も可能です。

次に多く採用しているのが、タイヤの原料等になるゴムの樹液を出す、ラバーウッドになります。 パインほどではありませんが、無垢のフローリングの中では、比較的使いやすい値段帯の材料です。

また、面白い材料に、もみの木のフローリングがあります。もみの木は、クリスマスツリーで有名な木ですが、その効果から、古くから、ご飯を入れる御櫃(おひつ)や、棺桶などに利用されており、材料から多く発せられるフィトンチッドが、リフレッシュ効果や防虫、殺菌、消臭、ホルムアルデヒドの除去、そして空気の浄化作用があると言われています。表面の仕上げを浮造りにしてる物もあり、その滑りにくさから、小さなお子様や、足の不自由な方、御年輩の方の歩行を助ける効果も期待できます。

その他には、チーク、オーク(楢/ナラ)、バーチ(樺/カバ)、サクラ、竹、カエデなどがありますが、材料によっては、かなり高価な物や、手に入りにくい物も多くあります。

 

■ 無垢のフローリングの特徴 

基材が合板や、MDFで出来ているフローリングを、複合フローリングと呼びます。基材の上に木を薄くスライスした単板を貼り、仕上げた物と、最近では基材の表面に木目の印刷をした物を貼って仕上げた物もあります。 

木目や色がそろっていてとてもきれいですが、無垢の持つ温もりや、やわらかさはあまり期待できません。

無垢のフローリングは、暖かいと聞きますが、なぜ温もりあるかと言うと、多孔質と言って、木の中に水や養分を吸い上げる穴があり、これが空気層となり、その断熱効果で、冬でも冷たく感じないのです。 

また、調湿性能も特徴の一つですが、湿気を吸うと膨張して、湿気を吐き出すと収縮します。そのため、施工時に少しフローリンの目地の隙間を開けて施工しますが、そうしないと膨張した時に上にそりあがって、ひどい時には、フローリングが浮いた状態にまでなってしまいます。 

温もりや、やわらかさは、無垢のフローリングの長所でもありますが、短所になる場合もあります。には、針葉と広葉樹があり、針葉樹の代表的な物に、杉があります。温もりと柔らか味は、ピカイチで、細長い細胞が配列良く並んでいますので、とても素直で使いやすい材料です。反面、表面がやわらかいので、傷がつきやすいということになります。

広葉樹の代表的なものと言えばオーク(楢/ナラ)になりますが、針葉樹に比べて、固い木の為、傷は着きにくいですが、温もりは少し劣ります。また、組織が複雑で繊維質が多い為、水分による狂いを生じやすい材料でもあります。

 

■ まとめ

自然素材を代表する無垢の木ですが、良いところと悪いところを併せ持った材料ですので、その特徴をよく理解した上で、施工や扱いの慣れた、ハウスメーカーやビルダー、工務店に工事を依頼する事も、失敗の無い住宅づくりをする上で、とても大切な事です。