台風16号が千葉県直撃の可能性があります。

気象庁HPより

 

台風に対する備えのお知らせをするのは、何度目でしょうか?6月頃までは、まったく発生しなかった台風が、1号が出たかと思ったら、ここ千葉県や日本全国に上陸して、大きな被害を出しています。

サッシの性能に「水密性」と言うものがあり、まさに風雨にさらされたときに、どの程度で室内側に雨が侵入するかと言った性能になります。

日本の住宅で使われている物は、W-2~W-4の物が多く採用されています。

当社で多く採用している樹脂サッシは、W-4になります。W-4ですと、風速16m~29mまで耐えられる性能となります。

台風が直撃した際は、風速15m~30m、瞬間風速は、25m~40m程度になります。ですので、台風時は、窓から雨水が侵入する事は十分考えられますので、下記にも書いてありますが、窓際に要らないタオルや雑巾を置いておくことは、とても有効な手立てとなります。

※台風が来てからの対策は、不定に危険ですので、今回も早めの対策をお勧めします。

① バルコニーの排水の掃除 (排水が詰まると、大雨でバルコニーがあふれる場合があります。) 

② 飛ばされそうな物の固定や片づけ。 

③ 窓からの漏水に備えて雑巾などの用意 (窓の水密性能を超える風雨がになると、窓から漏水する場合があります。)                  

④ 雨戸やシャッターのついている方は、ガラスの破損を防ぐため日中でも閉めて過ごして下さい。

バルコニーに関しては、台風の最中も暴風により木の葉や枝などが、排水を詰まらせる恐れがありますので、注意ををして下さい。