BELS・建築物省エネルギー性能表示制度を御存知でしょうか?

BELS・建築物省エネルギー性能表示制度を御存知でしょうか?

車の燃費性能を☆の数で表すのと同じく、住宅の断熱性能や一次エネルギー消費量などの指針として、国土交通省において制定され、第三者機関が建物の省エネルギー性能を明確にすため、建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)を平成28年4月からスタートしました。

性能は、BEI(一次消費エネルギー量)の値を基準に、星の数であらわされ、☆一つから☆☆☆☆☆五つまでとなります。

☆(BEI 1.1)は、既存の省エネ基準

☆☆(BEI 1.0)は、省エネ基準

☆☆☆(BEI 0.9)は、誘導基準(一次消費エネルギー10%削減)

☆☆☆☆(BEI 0.85)

☆☆☆☆☆(BEI 0.8)

国としては、☆☆☆(BEI 0.9)以上の基準を満たした住宅を推奨しています。

これから住宅を建てる方は、このBELSの星の数がその住宅の断熱性能、省エネ性能の基準となる指標となりますので、ハウスメーカーや工務店などで聞いてみると良いでしょう。

ちなみに弊社の建物は、既に☆☆☆☆☆(BEI 0.8)を取得しています。

一次消費エネルギーの削減率は、51%となっています。