もっと知りたい!健康と省エネ住宅の関連性

健康と省エネ住宅は、切っても切れない関連性があります。

省エネ住宅の持つ、特徴や性能。それがどう健康に結びついてくるか考えて見ましょう。

 

◆ 省エネ住宅を考える

省エネ住宅とは、その名の通り省エネルギー性の高い住宅ですが、そのような住宅を建てるには、どのような材料や施工が必要なのでしょうか?

住宅の省エネ性能を決めるのは、多くをその住宅の断熱性能が占めていると考えられます。

屋根、外壁、床、基礎と外気に面する部分は、全て断熱施工が必要になります。断熱材の種類にも、グラスウール、ロックウール、ポリスチレンフォーム、ウレタンフォーム、フェノールフォーム等沢山ありますが、その断熱材の性能はもちろん、断熱材にあった、正確で丁寧な施工がとても大切になります。

フェノールフォームのような、高性能な断熱材を使用しても、隙間が多く、断熱欠損が見られるような施工では、その性能を引き出すことは、出来ません。

グラスウールやロックウールに代表される繊維状の断熱材の特徴は、比較的安価で手に入りやすい物ですが、綿状で形状が安定していないため、かなり丁寧な施工をしても、隙間が出やすい材料と言えます。

ポリスチレンフォームやフェノールフォームは、形が安定しており、角がしっかり出ていますので、繋ぎ目などに隙間が出ずらい材料と言えます。

また、内断熱(充填断熱)と、外断熱(外張り断熱)では、どうでしょうか?

内断熱は、柱や梁土台の内側に施工するため、物理的にその部分に断熱材を施工する事は、出来ません。また、繊維状の断熱材の場合は、さらに柱や梁との隙間が生じやすくなってしまします。

外断熱については、柱や梁、土台などを含めて、外側から隙間なくすっぽりと断熱材でくるむことが出来る為、高断熱性能の住宅には、かなり有効な施工方法と言えます。

さらに言えば、外断熱と内断熱を足した、ダブル(W)断熱は、双方の短所を補うことが出来るもっともよい断熱施工の方法と言えます。

 

◆ 健康と省エネ性能の関連性は?

断熱性能が高い住宅は、一年を通して外気が、室内環境に及ぼす影響が少ない為、冷暖房費は、かなり抑えることが出来、省エネ住宅と言う事が出来ます。

では、健康についてどのような影響があるかと言うと、断熱欠損や、断熱性の弱い部分があると、壁の中や屋根裏、床下などで、冬の窓と同じように結露が起こり、野地板や床板にカビやダニの発生が起こり、後には、腐敗菌が発生して材料を腐らせるという現象が起きます。

カビやダニの発生は、当然、人の健康を害する原因ともなります。

その他に高断熱の住宅は、室内の温度差のためにおこるヒートショックという現象を防ぐことが出来ます。

年を重ねて、血管の収縮性が悪くなってくると、室内の温度差で起こる血圧の変化に追従できずに、血管の破裂などを起こして、脳溢血等を起こすと言われています。

1年間に、交通事故で亡くなる方が、5000人程度に対して、ヒートショックによるものと思われる死者数が15000程度いるもと言われています。

このように身体的な健康もそうですが、暑さ、寒さによる精神的なストレスなども気を付けなければならない事の一つです。

高断熱で省エネ性能の高い住宅に住む事により、各部屋の温度差が少ない、温度のバリアフリーが実現して、心身ともに健康で長生きできる住宅となります。