千葉・茨城の注文住宅の断熱工法と素材選びのポイント

住宅の断熱工法は、大きく分けると充填断熱工法(内断熱)と、外張り断熱工法(外断熱)に分けられます。
さらに、性能の高い、外張り断熱工法と、充填断熱工法を合わせた、ダブル断熱工法もあります。

どのような断熱工法にしても、効果が得られないと何にもなりません。
素材選びから、確実で丁寧な施工こそが、断熱施工で、一番大事な部分となります。

断熱工法の特徴としては、充填断熱工法の場合、素材にとらわれず、どのような断熱材でも施工が可能、比較的安価である、住宅メーカー、工務店とわず施工が可能であるといった、長所がある反面、物理的に、柱や梁、土台部分には、断熱工事が出来ない、施工の精度のばらつきが出やすい、柱や土台などとの隙間(断熱欠損)が出来やすいなどの欠点があり、壁の中や、屋根裏、床の裏側などで、結露の発生が起きやすい為、含水率の高い、グラスウールやロックウールは、使用すると問題が起きやすい工法であると言えます。

外張り断熱工法については、板状の断熱材しか使えない、外壁を支える為厚みの制限が出るなどの欠点ある反面、柱、梁、土台なども含めて、外側から断熱工事が出来る、屋根、壁、基礎まで連続した断熱施工が可能なため、断熱欠損や隙間が生じにくく、結露の発生を抑える事が出来るなどの長所があります。

ダブル断熱工法については、充填断熱工法と外張り断熱工法の欠点を補い、両工法の長所を取り入れているため、断熱性能が一番高く、高性能省エネ住宅で採用するには、一番合った工法言えます。

これらを見ていくと、充填断熱が安く、外張り断熱やダブル断熱が高価と思いますが、けしてそんなことはありません。

住宅にかかる毎月の固定費で考えると、住宅ローンと光熱費があると思います。
現在の1%程度の金利ですと、100万円高く住宅を購入しても、月々のローンの支払いは、3000円くらい増える程度です。

実際の光熱費は、どうでしょう?
弊社のオール電化・ダブル断熱工法で建てられたお客様の平均的な光熱費は、月額1万円を切ります。
元は、すぐ取れてしまします。

現在のご自宅の電気代、ガス代の合計と比べてみて下さい。
どちらを選んだ方が良いかは、もうお分かりですね。

結露の発生が無く家全体の温度差が少ない、快適な室内環境の住宅に住んでみてはいかがですか?

健康で快適に暮らせる住宅創りの第一歩は、仕上げの素材ばかりではなく、健康や建物の寿命に直接かかわってくる、断熱材の性能や工法を熟視した住宅会社を選ぶことが大切です。

是非、住宅展示場やショールームを訪れた際には、断熱工法や性能の事も詳しく聞いてみて下さい。
千葉