010 千葉県印西市に建つ、白を基調としたZEH仕様、自然素材の注文住宅一覧へ戻る

千葉県印西市に建つ、2016年度5次、6次の採択率が20%台のZEH補助金を外皮性能が標準仕様で採択した、省エネ注文住宅です。
ダブル断熱の高断熱・高気密の性能と自然エネルギーを活かし、太陽光発電+HEMS+蓄電池搭載の、省エネ住宅で、外壁の塗り壁や建具など、白を基調としたシンプルなデザインの中、アイアン手摺の黒がアクセントになっています。1、リビングからロフトまで続く吹抜けは、明るさや開放感と共に、上下階での温度差が少なくなり、快適で健康的に過ごすことが出来る室内環境にも影響します。2、子供部屋は、いつでも2部屋に仕切れるよう、中央に引込み戸を設けました。クローゼットドアも真っ白な天井までのハイドア仕様で、視覚的な空間の広がりを感じます。3、照明のスイッチやインターホン・給湯器のリモコンは、壁厚を利用したニッチの中にすっきりとまとめました。4、キッチンの奥にパントリーを配置し、食品や備品をたっぷりストックできる機能的なキッチンです。5、洗面脱衣所は、洗面台横に奥行きのあるたっぷり入る収納棚を設けました。裏側は、トレーニングルームの収納として利用しています。6、沖縄から取り寄せた花ブロックにより、アプローチに当たる強い光が、柔らかな日差しとなって降りそそぎます。